FC2ブログ

ファスビンダー特集

せっかくの七夕も雨。でも七夕の日って例年降水率高いような気がするのは気のせいでしょうか。

さて久々に映画ネタでも。といいつつ新作も何にも見ていないのでなんですが、見てないだらけリストに密かに楽しみにしていたファスビンダーの作品群が加わりとっても空しい今日この頃です。結局3、4本ぐらいしか見てないのに、特集は京都へ移動していってしまいました。ショボン。そのうちDVDみるからいいもんとリベンジを誓うワタシですがそれもいつになるやら。
とりあえず今回みることができた作品で軽く特筆したいのは(あまりにマニア~なので閉じてある向こうの方へ時間ができたらかければいいけど)やっぱしダーク・ボガードさまの『デスペア』です。
Despair (Eine Reise ins Licht)
とパッケージを探したらボガード様がうつってないじゃないの。キーーッ。というわけでほかをあたったらこんなパッケージも。
Despair
…ハコからしてわけわかりません。でもわけわからんからいいのか。相変わらずアヤしくヘンタイちっくかつアブラギッシュな中にも漂う哀愁がステキなボガードさんでした。あとあのおバカ風の奥さんもインパクト大でした。これって原作がナボコフなのもほーなんですけれど、脚本が『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』(と『~シェークスピア』)のトム・ストッパードなんですよね。ビックリです。
関連記事

0コメント

コメント投稿