FC2ブログ

まったく

 ウイルス騒動。患者が出て着岸できないでいる件のクルーズ船は、知人が昨年利用した船だ。時期がずれていてよかったねとは思うがきっと当人も当惑してるだろうな。その人が出かけたのはオフシーズンだけど今回の騒動は春節まっただ中のハイシーズンだった。下世話な話だけど費用もそれなりにしたんじゃなかろうかと想像する。それでこんなことが起きてしまうなんて乗船客の方々もお気の毒だ。もちろん船のクルーの方々も。しかしいくら患者が出て検疫の必要上、一定期間の隔離は必要だといっても、日を追って増えてる感染者数からして今のやり方じゃ原因究明の手立てにもならないんじゃなかろうか。もっと早い段階で元気な人は別な場所に移すとかできなかったんだろうか。

 有効的な治療法がまだ見つかってないし感染する人の数も中国だけでなく世界的に広がっているから騒ぎになるのは無理もないのだろけど、便乗して起きているマスクのアホみたいな値段での転売以上に気分が悪いのは広がる東アジア人への偏見や差別のニュースだ。先週か先々週辻仁成がパリのことを書いてたけど、ドイツのシュピーゲル誌の最新号は防護服姿でiPhoneいじるアジア人にMade in Chinaという見出しつきの表紙だった。悪趣味にもほどがある。ドイツなんて震災の放射能報道でも連日disりまくりだったから今さら驚きはしないけどさ。
 田舎のいくつかの施設が中国に買われたから、市内にも中国から来てる人は増えてるし気をつけた方がいいとタクシーの運転手さんからきいたから東京は余計に気をつけないと、とは今日の母の電話。はいはいと聞き流すも、自分の友人にも銀座あたりに激増する中華系の観光客数を日頃憂いている人はいないわけじゃない。ときおりそれが感情的に聞こえもする。たぶん若い頃に通った思い出の街が変わっていくことに苦々しい気持ちを持っているんだろうしそれはわからないことはないけれど、この騒動が始まって以来そういった観光客が減っている現状を揶揄する言葉を聞いたときにはちょっと情けなく思った。外から見れば黄色人種なんてみんな一緒だよ、うちらが欧米白人の見分けがつかないように。
ウイルスも怖いが一番怖いのは人間、と震災直後を再び思う。

関連記事

0コメント

コメント投稿