FC2ブログ

春なのに その3

 オリンピックの延期が決まってあれよあれよという間に東京でのコロナ感染者数は毎日最多数をたたき出している。ここ少し前から渡航先からの帰国ラッシュが続いているからとも思うけど、やっぱり数か月後のオリンピック開催の可能性が0でないうちはきちんと検査の数値を公表してこなかったのでは?的な勘ぐりが出てきても仕方がないだろう。すでに蔓延しているかもという厚労省かどこかの筋の発言にしたってここ2,3日でぽっと沸いてきたわけでもないだろうしなんか白々しくも聞こえる。
 先日Nスペで政府の専門委員会の先生が話していた軽症の患者さんまで拾おうと大量に検査診察を行うことによって生じる医療崩壊は、ただでさえ日本の病床数は決して多くはないのだからなんとしても回避しなくちゃいけないということはよくわかったけれど、それを少しでも避けるには個人個人で気をつけるしかないとはやっぱり気がかりだ。これまで自分が実践してきた多少の人出があっても屋外であれば換気は守られてるからマスクしてれば許容だろうと出かけていた通勤途中花見がてら散歩もなんとなく気がひけるし、レディースデイでも結構空いてるしラッキーと思ったものの当日行ってみたらおじさんたちで7割ぐらいは埋まっていた映画館の場内でちょっと失敗したかも、と立ちすくんだり。ただでさえ不安定な気分がまた揺らぐ
 昨夜の都知事会見が終わってから近所のスーパーでもお米や乾麺カップ麺など主食になりそうな食料をかかえたお客がレジに列をなしていたけれど、今日の夜は精肉に野菜や納豆豆腐類に缶詰め冷食あたりも売り場の棚はすっからかんだった。まるで震災の時みたいだったけど、お菓子や魚・乾物はまだ余裕があった。おまけに精肉でも比較的値の張る和牛肉が売れ残ってたのはウワサの「お肉券」待ちなのだろーかとあまりシャレにならんことなど妄想。別に外出を控えろといったって物流は止まらないんだし、なんで毎度そうなんだろう?…なんて自分は先日の楽・セールである程度保存の利く食料はもうそこそこ買ってあるので言ってられるのかもしれないけれど。
関連記事

0コメント

コメント投稿