FC2ブログ

Taking Off

パパ/ずれてるゥ

 邦題『パパ/ずれてるゥ!』です。いかにもずれてそうなお父さんです。『アマデウス』『カッコウの巣の上で』のミロス・フォアマンがアメリカ進出した初めての英語作品です。70年代初頭はピッピーカルチャーもさることながら、音楽的にも若い女性SSWがたくさん出てきた時代。そんなところに着目して新人女性歌手のオーディションをのぞきに行った普通の15歳の女の子と彼女の両親のどたばたを描いたカルチャーギャップ・コメディ。音楽好きにはオーディション風景にカーリー・サイモン(たぶんソロデビュー直前ぐらいの?)やら本作デビューのキャシー・ベイツ(彼女の作曲した歌がまたとてもよいのです)が登場していたり、家出娘を捜す両親が立ちよるクラブにはティナ・ターナーのステージが行われてるなどなど楽しいこと請け合い。ビデオは出ていない&PFFの上映も終了してますが、WOWOWでの放送実績があるのでまたそのうちみられることもあるかも。
キャシー・ベイツの歌の場面はここにあったのでご紹介

**

ホラーな足はだんだんまだら激しい度は落ちついてきましたが夕方になるとむくんで腫れてきます。朝はまだましなんだけど。
そんな中、夕方お腹が減ったので足を引きずってサブウェイにいってアボガドベジーを買ってきましたが、わさびじょうゆドレッシングがわさびの味しかしなくてツーン&くらくらします。ちゃんとかき混ぜてくれなかったのか(涙)。そういえばこないだ近所の中華屋さんに入ったらそこの厨房に紙が貼ってあって「スーラータンのとろみはくれぐれも、くれぐれもくれぐれも 固まらないように。お客さんの痛みを知れ!」と書いてありました。あそこのスーラータン好きなんだけどねー。痛いのはヤダわん。
関連記事

0コメント

コメント投稿