FC2ブログ

Hasten Down the Wind(風にさらわれた恋)

Hasten Down the Wind
 大好きなアルバム。リンダ・ロンシュタッドを初めて聴いたのはこのアルバムからです。70年代のアメリカンポピュラーミュージック界の二大小悪魔的美女といえばやっぱしリンダとスティーヴィー・ニックスになるのかなと思うんですけども、リンダはそのフェミニン具合に憧れたものでした。これのあとのアルバム『夢はひとつだけ(Simple Dreams)』も確かにキャッチーなアメリカン・ポップス、というかウェスト・コースト・サウンドの魅力が詰まったアルバムとは思うけど、バラード曲とちょいエスニック&カントリーテイストの入ったこちらのアルバムのほうが好みかな

1. Lose Again
2. Tattler
3. If He's Ever Near
4. That'll Be the Day
5. Lo Siento Mi Vida
6. Hasten Down the Wind
7. Rivers of Babylon
8. Give One Heart
9. Try Me Again
10. Crazy
11. Down So Low
12. Someone to Lay Down Beside Me
関連記事