FC2ブログ

ファースト・ソングズ / ローラ・ニーロ

ファースト・ソングス(紙ジャケット仕様)

 紙ジャケの相次ぐ発売記事やら音楽ブログさんの間で話題になっていて聴いてみたいなと常々思っていたひとの一人。リアルタイムでは存じ上げない方です。ジャケットやらタイトルからどれからきいてみようかと考えたんですが、とりあえずストレートにファーストから行ってみようとこちらを聴くに至りました。ジャケットもシンプルかつフェミニンできれいだし。

 ファーストだからかもしれませんが、抱いていた印象よりもずっとクセがないですね。素直でふくよか。カテゴリーわけがジャズにはいってたのでそうなの?とおもったんですが、なるほどジャジーでアダルトな雰囲気です。ご親戚にヘレン・メリルとかいるんですね。ビッグバンド系からポップヴォーカル系までそつなくカバーしてすごく洗練されてる印象を受けます。そこが聴きやすくもあり、でもだからこそ当時おそらく求められていたようなカラーとちょっと違ってるのかもみたいな、ジャンルのはざまのようなものに落ちてしまったのかなって気がしないでもありません。直後にフィフス・ディメンションやスリー・ドッグ・ナイトに提供した曲がヒットするなど、ソングライティングの才は広く知られるようになるそうですが、ある意味時代のもうちょっと先を行っている音にも思うので、今の再評価はなんとなく納得です。この後のアルバムの先の先にはもうちょっと違う路線にいくのでしょうか。やっぱりさらに聴いてみたくなりました。

1. ウェディング・ベル・ブルース
2. ビリーズ・ブルース
3. カリフォルニア・シューシャイン・ボーイ
4. ブローイング・アウェイ
5. レイジー・スーザン
6. グッドバイ・ジョー
7. フリム・フラム・マン
8. ストーニィ・エンド
9. アイ・ネバー・メント・トゥ・ハート・ユー
10. ヒーズ・ア・ランナー
11. バイ・アンド・セル
12. アンド・ホエン・アイ・ダイ
関連記事

2コメント

僕ちゃん  

彼女のことは、レココレのベスト100に4枚だったか5枚も入っていて知りました。
(ロッキンオンの方には1枚も入っていませんでしたが…)
それで、去年、紙ジャケ化された時に最高傑作と言われている「イーライと13番目の懺悔」をまず買ってみて、それからこのファーストを買う予定だったのですが・・・
なんか、ちょっと次に進めませんでした。
心とお金に余裕があれば買いたい、とは思っているのですが。

2008/11/09 (Sun) 16:47 | EDIT | REPLY |   

mako  

僕ちゃん、こんばんは

追って2ndのイーライ~を中古の安価で買えたので聴いてみたんですが、おっしゃることが分かる気がしました。基本的には1stの延長線上だと思うのですけれども、力の力点がパワーアップしてるので今どきの音としてすんなりうけとれる人々も多いのかもしれないですね。でてきた当時はジョニ・ミッチェルと双璧といいつつも70年代前後ってジョニ風の女性シンガーがモコモコいたイメージがあるので、その中に置いては異色だったのかもですね。わたしも余裕があればもっとドロドロしてるというもうちょっと先のアルバムまで聴いてみたいと思っています。

2008/11/10 (Mon) 19:13 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿