FC2ブログ

街の風景

 今週は冬休みのSis.Kがこっちにやってきて滞在先が日比谷だというので久しぶりにそっち方面に出かけてみた。新しいホテルーというのでもしやあの「ペ」のつくところかと思ったらそうじゃなくて安心かつガッカリしたんですけども出かけてビックリ。元とーほー様本社ビルの跡地に建ったおされなシティホテルでした。そう、旧みゆき座、日比谷映画の会った場所
 ここにはあたしゃー何度もきたもんだ、と自慢話を妹にぶちながらエレベーター登って一番上の18階の部屋をチェック。…まーきれいなお部屋。狭いけど。セミダブルのベッドにマッサージチェアーは強引だろう。またベッドとガラス一枚で仕切られたシャワー&トイレもおしゃれというかなんというか。。。シングルで使う分には問題はないんでしょうけどね。
こんな感じ
0801191  0801192

 有楽町ら辺もしばらく歩いていなかったので今さらだけどイトシアのあたりにも行ってみた。ドーナツの行列もすごいが小ぎれいになってて驚き。銀座も含めてあの辺はしばらくみないうちにすっかりお店も景色も変わってしまって。日比谷の地下鉄出口を出て目の前にあった三信ビルが取り壊されてて立ちつくしたり、新しく整備された有楽町駅前の風景にレパントやらおかめの並んでた頃を思い出してしばしぼーっとしてしまいました。

 ちと話はずれるけど東京の街の景観は醜いなんて話をよく聞きますが、変わっていってよりよいもの、古いものと同居可能なものが混在しているのは、場合によってはまだ許せるところもあると思うけど、うちの田舎の場合は東京なんかよりもっと深刻だと思う。だって町中の古い建物なくなったかと思えば立てられるのはほとんどマンションばっかり。あんなに建てまくってどこに住む人間がいるんだろうと思うんですが、ビル作ってもテナントが決まらないと入っているのはパチンコ屋。生活の匂いも薄れていく故郷の町中は東京よりも深刻にサミシイもんですよ。
関連記事