FC2ブログ

ヒデキネタ

 VMCチャンネルのCLASSIC WEEKLYはどっから引っ張ってきたんだ?っていうようなその昔フィルムコンサートでかかっていたような希少映像が流れたりするので気が向いた時に録り溜めているんですけども、今日はBOSTONやらJOURNEYやらREO SPEEDWAGONなど産業ロック特集らしく鼻歌交じりでみてたらば来た・キタ・きたー!すごいのが。ヒデキ・サイジョー&バリー・マニロウですよ、奥さんっ!!。なんでしょうこの取り合わせ?っつーかこんなデュエットのシングル出してるなんて、ねーさん全くノーチェックでした。「IN SEARCH OF LOVE(腕の中へ)」を調べてみたら85年のヒット曲らしいのですけども、でもビデオの作り見てる限りはとても85年作にはみえないんだけど…。

 ヒロミ・ゴーにも「抱きしめ~ると、きみは~」の「哀愁のカサブランカ」がありますけども、ヒデキといえば「YMCA」に代表されるように外国の曲を邦訳して自分のライブでよく歌ってて、時にそのチョイスがなんでだ?ってくらいレアな曲がありました。たまたまテレビで放送されてたライブ番組でY&Tの「フォーエヴァー」なんぞあのヒデキ節でやっちゃってたときにはびっくらしたもんでしたけども、まさかバリーとも共演してたとは。ああ驚いた。
シングルはこれ
6cbc1c21.gif

 ちなみにわたし、だいぶ前に生ヒデキと遭遇したことがあります。その昔劇場で働いてた時、ヒデキが当時ウワサのあった某大女優とジャック・レモンの出てた『晩秋』を観に来て、指定席くれといわれたのだけれど、平日の混雑してない回だったから一般席で座れますと普通の席を売りつけたのだ。女の人のほうはなにやら異議ありそうだったけど、男の人のほうはめちゃさわやかで座れるなら普通の席でいいよーと快く買っていって、あら好男子じゃん、と思ったの。ケチっただけなのか。後からマネージャーがすっとんできて「今のサイジョーさんとトアケさんの席を指定席に買えてくれ」と言われるまでヒデキとは全く気がつきませんでした。でもいい人っぽかったです。

関連記事