FC2ブログ

よいお年を

081231

いまだクリスマス・イルミネーション?が光かがやく実家近所のおたく。

 そんなわけで前回実家で年越ししたのっていつのことだったかもまったく憶えてはいないんですが、おそらくまだレコ大紅白のハシゴの時期。ミスチルがレコード大賞とったところは実家でみたような気がするので94年だそうですが、ふーんそんなもんかって14年? なんだかテレビながめるだけで疲れますね、一局集中だと。

 前から言ってるけれども今年はいろんなことがありました。職場に缶詰プラス家に帰ってきても仕事ばかりしていたり、そんな矢先に親が入院して自分の健康のことも考えないといけないなと身にしみたり。一緒に暮らしてきたしろさんが虹の橋のたもとへいってしまって悲しみに暮れたり。
 書き出すと先に出てくるのはあまりいいことではないことばかりだけれども、とりあえず年を越える時点で修羅場を引きずらず、穏やかな大晦日を迎えられたことだけで今日のところはよしとします。

 今年印象に残った映画は公開ものをほんとに、いまだかつてないほどみていないのでその辺のことは語れないのだけれど、その代わりに仕事で巡りあった作品はほとんどはずれの記憶がない豊作でした(…ぱっと思い浮ぶ限りね。よーく考えるのは禁物)。サレスの『リーニャ・ヂ・パッシ』、ヤスミンの『ムアラフ』、あとはオルミさんの『百本の釘』がベスト3。音楽は某々、といいたいところですけれど(苦)、やっぱり来日の興奮もさめやらぬザ・フーで決まりです。来年はおそらくライヴよりも映画の人に戻りそうな感じですけれど、いい出会いや発見を逃さないようぱっちりアンテナをはっておきたいものです。

 そんなわけでもろもろグチが大半をしめてしまってお目汚し失礼いたしました。来年こそは楽しいお話、皆さまとできますように。

 ではどなたさまもよいお年をお迎えください。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
関連記事

0コメント

コメント投稿