FC2ブログ

※1年前つれづれ

貴乃花の引退

 昨日、3敗目を喫したところでいよいよ引退の線が色濃いと囁かれていた横綱の貴乃花が今日引退を正式に届け出したそう。長期に渡る休場が続いた中で進退を問われる場面が何度かあり今場所もどうかと直前話題になった記憶も新しいのですが、会見では「ここしばらくでは一番調子が良かった」と言いつつもあの小泉を「感動した!」と言わせた場所で負った膝のケガはやはり完治はしていなかったのですね。
 子供ちゃん時代から「若貴ブーム」の頃まで笑顔がかわいかったお相撲さんがむっつり黙りの相撲取りになってしまったのは宮沢りえちゃんとの破局騒動の頃からのような。横綱になったり年上の嫁さんをもらったり子供が生まれて幸せそうにしていても、周囲のしがらみのなか自分の感情を抑えてずっと背伸びばっかさせられてきたような印象があるのは気のせいでしょうか。
 今場所にしても腕のケガの時点で休場していれば、こんなかたちで引退にはならなかった気がするのですけれど、それは「横綱」としてではなく、あくまでも不器用だった彼の意地だった気がしてなりません。
なんだかツラいですね。

2003.1.20
関連記事