FC2ブログ

東京ラブストーリー

 BSマンガ夜話は好きでいつ放送されたのか分からないリピート放送とかしょっちゅう見てる。で、昨日のお題目は「東京ラブストーリー」。今まで見ててふんふん、懐かし~と思っていた時代のマンガとはちょっと毛色が違うけど、スピリッツに連載されてた時には妙にハマって毎週欠かさず読んでいたものでした。今よんだら何のへんてつもないクッサい展開の話かも知れないけども、なんか当時はツボだった。柴門ふみはあとから「同級生」や「あすなろ白書」読んで、なんかみんな同じような展開だなぁと思ったけど出てくる登場人物の気持ちというのはなんとなくイタいところつかれるものもあったりしたモンでした。

 昨日の放送ではなんとなく夏目房之介さんやいしかわじゅんさん岡田斗司夫さんらレギュラーは未だかつてないほどノリが悪かったような気がするんですが、ゲストコメンテーターで登場した高見恭子までドラマの印象が云々言う始末。あのさ~、だったらゲストなんかで出てくるなよぉ。正直いってドラマ化された時、三上くんが江口洋介というのも許せなかったけど、カンチ=織田裕二はどんなヤツかしらんかったのでともかく、リカ=鈴木保奈美というのは「全く」納得できなかったですね。ミス・キャストもいいところだと憤慨したもんでした。よせばいいのに最初の回だけ見てやっぱりがっかりしたのでその後見たこともないからどうこういうつもりはないんだけど(なんてったって小田さんのあのテーマ曲はよくカラオケで歌ってたからなぁ自分も)、やっぱ世間的には「東京ラブストーリー」=ドラマってイメージのほうが定着してるんでしょうね。案の定昨日の放送じゃいつも山のように届くFAXも寂しかったみたいだし。な~んか納得できなかったのでした。

全然かんけーないけど選挙でコイズミが街頭演説にやってくるたびにキャーキャー騒いでるババほど不快なものはない…。
関連記事