2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.02.13 (Mon)

ゆだんしているうちに

広告が出ちゃってました。
書くことはあれこれないわけではないのだけれど

前の投稿は大統領の就任のあたりだったけど
それからひとつきたって似たもの同士の寄り合いはかぎりなくとほほ。
米の国を孤立させるわけにはーとかいうのはもっともだけど
ちゃんと根拠をふまえて言ってるんだろうか。
別にいわゆる批判してる国がなにもいじめ根性でいってるわけでない。
そこに問題があるからなわけで、その辺はき違えてほしくない。
なんてったってゴルフだから。呆れてものもいえんわね。

ふがー。

10:03  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2017.01.14 (Sat)

今週のつぶやき 264

オバマさんが任期を終えてトランプが当選以来始めて会見を行った米の国。
他人事ながら悶々とするしかない。
 去年の大統領選の結果が出た時点でもう完全にアメリカの時代のようなものは終わってしまった気がしてたけれど、それでもまだそこの部分の揺り返しはあるのかともかすかに思ってないことはなかった。でも、まったくんなことはなかった。このあとどうなる事やら。
 あんな人間がたとえまわりに仲間を配置したとして4年の任期を務められるのかとも思いつつ、まわりに誰を置こうがあの人をあんなところに上らせた様々な要因が変わらない限りは、何も変わらないんだろうと思う。あの人の思惑がうまくいってもガッカリだし、逆にあの人が完全に失脚するような出来事が起きたとしても、うまく行かないことの原因を顧みることなくマスコミの垂れ流した偽情報だインチキだと煽り立てて上から下まで罵詈雑言が飛び交う様子が想像に容易い。どんよりである。
 そして何よりガッカリなのが、「他人事」とはいってもあの会見でCNNを名指しで恫喝するトランプの様子がまるでここの国の誰かとダブって見えたこと。
どっちが根深いのか。

こんな気分。

ネブラスカ(REMASTER)

14:11  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2017.01.03 (Tue)

2017年

新しい年になりました。
といってももう3日目ですが、あけましておめでとうございました。
年末は忘年会から掃除やら映画に出かけ、年が明けてからは
お正月料理らしきものを作ったり初詣がてらの散歩に出かけたりと
いたって普通の年末年始を過ごしていました。

世の中は新しい米の国の大統領就任やら新年早々のテロ事件とか
なかなか厳しいことには変わらないのだろうけれど
せめて自分周りは小さく心穏やかに過ごしたいものです。
地味に始めたり続けたいと思ってることを細く長くやっていけるよう
身も心も軽くすることを心がけたいなと。
とりあえず春の健康診断までに…
…ってそっちの軽さか?! というのも大事なことだけど、うむ。

そんなわけでいまさらながら転がりつづける石のように
あり続けたいものだと思います。

2017年がよき年でありますように。

追憶のハイウェイ61

タグ : Life ごあいさつ

11:23  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2016.12.11 (Sun)

今週のつぶやき 263

 今期の冬は寒くなるのも早かったけどここ数年ぶりぐらいにまともに寒い。といいつつ、うちの冬支度はガスストーブだけでまだこたつは出してない。自由になる時間もようやく増えてきてるのでそろそろ出したいんだけれど、Pちの水●ロ対策を何か考えないうちはちょっと腰が重いのもあり。ま、しょうがないんですけどね、相手は生き物だし寒いことは寒いんで。なによりPCの上にゲロられるよりは…と古い心の傷を思い出しもしますが、近いうちにこたつ出さねば。

 昨日の深夜というか1時ぐらいですか、ノーベル賞授賞式でボブ・ディランの代わりにパティ・スミスが「はげしい雨が降る」を歌ってた。YouTubeでアクセスしたときにはもう後半のほうだったので緊張のあまりにやり直したという冒頭のほうは聴けなかったけれど(そういえばパティ、6月のトリフォニーホールでもなにかやり直ししなかったっけ、違ったかな)それでも響くパフォーマンスだった。聴衆の中にも涙を拭ってる方いたよね。
 歌手が文学賞もらうことについてどう思うか、なんつーヤフーアンケートが受賞が報じられたときにあったけど、もうその設問自体が愚かしいというか、最初からそういう目で見てるのはどっちだよ、と非常にやな感じがしたけど、ただ、ディランの受賞そのものに関しては異論はなくとも、単純にどうして今なのかな?と思わないでもなかった。
 ディランの詩がいかに同世代の若者や世界に強い影響を及ぼしたかというのは、一昨日・昨日と二夜に分けて放映されてた「ノー・ディレクション・ホーム」をみれば本当に、目からウロコが落ちて何度も何度も頷けるほど納得できるのだけれど、それがあの時代の空気が色濃い頃であればともかくなんで今なのか。あげるなら、こんな功労賞っぽい取り上げ方じゃなくて、もっと相応しい時期があったんじゃないかと思ってた。
 でもパティのパフォーマンスを見ていて思ったのだけれど、普遍性、なのかな。60年代の混沌とした時代から、今も相変わらず続く不条理や混沌のなかで心のよりどころ、すがりたくなる、そこにありつづける詩というか。自ずとそう感じざるを得ない空気になってるのかもしれないけれど。
そんな事を思いながら眠った昨日の夜でした。

タグ : ボブ・ディラン よのなか

11:01  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2016.12.05 (Mon)

ひさびさ

ここまで更新しなかったこともなかったなーというご無沙汰具合でした。
秋の恒例行事が済んでもいまだ決着の着かないものごとがあり
あまり心安らかに休んでもいられない今日この頃。

この期間の間にはいろんなことがありました。
楽しいライブもあったけれど、世間のあれこれに憤ったりなんだりかんだりで
とても何も書く気になれなかったのもあるし
そんなものすごいハードなことをしているわけでもないのに
だらだらとストレスが溜まる一方でしんどかったのもあり
結果ほったらかしが続きました。

ほんとにろくな事のなかった今年だけど
何か楽しいこと見つけたい師走です。



17:58  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2016.10.06 (Thu)

休止中

はー気がついたら広告が出てました。
秋はいつでもこんな具合だけど、年々ハードワークが堪えます。
トシっすかね。
この間はBenn WattやRickie Lee Jonesみたり
あれこれあるんですが、書く気力なし。
そんなわけでしばらく休止しています。

13:42  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2016.08.17 (Wed)

残暑お見舞い申し上げます

台風一過のお盆あけ。



夏休みも今年はお盆期間より早めにとれたけれど
すでにお疲れモード。
夏バテとかでなく、気力疲れというかなんというか。
ここしばらく思っているのだけど、たぶん仕事量が多すぎるのね
自分の許容量に対して。
もしかしたら何年か前なら全部さばけたのかも知れないけれど
そこと照らし合わせてもここまでいっぱいいっぱいではなかった気がする。
頭の中の交通整理を落ち着いてしなくちゃいけないのだけれど
何を削ったらいいのかちょっと迷ってたりもします。
…パソコンのぞいてる時間?
ポケモンGOか!?(苦笑)


09:19  |  ヒビつらつら  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.08.12 (Fri)

8月

 巷がオリンピックや高校野球で盛り上がっている間に8月ももう半ば。今月に入って送別会やら飲み会やら帰省のイベントが続いてここまで来たので余計にあっという間に感じます。
 そうこうしている間にもう秋でてんてこ舞いして今年も終わるんだわ………とすでに暗〜いドンヨリ気分に浸ってしまうけど、とりあえず世間のお盆休み期間のまったり空気に浸りながら、こっちももうちょっとだけのんびりしよう。

 帰省ではGOも結構してましたが、移動&帰省中にはなぜかボズ・スキャッグスの『シルク・ディグリーズ』ばかり聴いていました。われながらどうしちゃったんだろ。寝苦しい夜はAORでも聴こうかなんて思うようになったこと自体やっぱり自己のBBA化を自覚する今日この頃ですな。
 「We're all alone」が「ひとりぼっち」か「ふたりきり」か、というのはどっちにもとれるらしいんですが、個人的にボズの歌で聴くときにはやっぱり「ふたりきり」という訳のほうがしっくり来るような気がしてます。

シルク・ディグリーズ(期間生産限定盤)

14:33  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2016.07.18 (Mon)

今週のつぶやき 262

 7月も半ばを過ぎ、そろそろ世間も夏休み。個人的にも今年はちゃんと帰省できるようなまともな休みはとる予定なのだけど、その前にあれこれ立ちはだかる高い壁が。でもなんとか休日をニンジンにのりきるど。って戻って来たら秋モード突入なんだけど。一年が早いー。

 ニースのテロ、トルコのクーデター未遂事件も衝撃的だけど、アメリカの相次ぐ銃の事件が悲しいし情けない。未だ人種問題で同国人の中で殺し合うって正直言ってシビライズドされた人のやることとは思えない。アメリカの文化も,パワフルな人々の間の推進力のようなものも考え方も影響されたりいいなと思うところはたくさんあるけれど、未だ続く人種間の問題や銃を持つ権利みたいな不寛容や傲慢さみたいなはき違えた自由だけは理解できない。
いろんな形はあれど「はき違えた自由」ってあまりに世界に横行しすぎてると思う。
もちろん日本にも。

What's Going on [12 inch Analog]

あれこれの事件が起きる度に頭の中でぐるぐると。

タグ : よのなか

09:46  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)

2016.07.03 (Sun)

今週のつぶやき261

 7月最初の週末は出勤も持ち帰りもなくのんびり。くちゃくちゃの家の中を掃除して見てはいけないものを発見したり,夏物いっきに洗濯したり。近場のコンビニにアイス買いに行く以外は家ごもり。昨夜は今年初の熱帯夜なんてニュースで言ってたけれど、そのせいか寝付きが悪く変な夢を見たり、朝もはよから目が覚めてしまったけど、まあその分EUROもリアルタイムで見られたからいいか。

 さて、この部屋に越してきて6回目の夏。窓を開ければそれなりに風通しもあるので、熱帯夜は暑いとはいえ夏場がめったくそ憂うつというほど、そうひどすぎはしないのだけれど、窓を開けると風ばかりでなく近隣の音も聞こえてくる。ここの200メートルぐらい先に小学校があるけど周りは住宅地でまあ静かなほう。その分、斜め前の家のお母さんが子どもを叱ってる声が、たぶんあちらも夏場は窓開けてるためかかなりはっきり聞こえちゃう。
 越してきたばかりの5,6年前はそこんちの子たちもまだ幼稚園とか小学校の低学年ぐらいで「**してよ、ダメでしょうー?!」とか言われると刃向かって「いやーだ!」みたいな応酬を何度か続けて最後にはうわーん!!で終わってた、ほとんど毎週末。我々そんな一般家庭の夕飯時間帯に家にいるなんてあまりないけども、四六時中って大げさかも知れないけど結構な頻度で小言いってるらしき声が聞こえてきて,その度に「あのお母さんキッツイよねー」とひそひそしていたんである。剣幕がすごい、とかじゃなくてなんか角があるってかねっちり嫌な感じ。子ども相手にああいう言いしなくても、みたいな。
 で、子どもちゃんが大きくなるのに伴い小言のあとの「うわーん」って泣き声は減っていったけど、内容聞こえなくても何かしら会話の語気で「またお母さん怒ってるよ」ってのは時折聞こえていた。それで先日ひっさびさにちゃんと聞こえてきたのは、「あなた****とでも思ってるわけ?鏡見てご覧なさいよ、まったく*****」って…もしもしあなたシンデレラの継母ですか?みたいな陰険嫌みMAXな小言。しかも結構マジっていうかヤな感じ&罵倒度が増していて、あんな言い方されたらあたしならグレるで?というようなね。
 怒ってる声が聞こえるなら楽しそうに笑ってる声だって聞こえてきてもよさそうだけど、今まで笑い声ってあんまり聞こえてきたことないと思うよ、あそこんちから。まあ、それでもご家族幸せならばそれでよいのですけれども。

 なんていってて、うちもPちが毎晩うるさいんで、「あそこんちのネコ、また今日もあんなに鳴いてるよ、おっかしんじゃね?」とか「動物虐待じゃね?」とか言われてるかもしれないけどさ。だったら心外だけど…ってあのお母さんも思うだろーか?
でも、今も聞こえてるんだよね、「どうして***なの、***してよ」と怒ってる調子が。

タグ : Life

13:19  |  ヒビつらつら  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT